経営計画立案セミナー
経営計画立案セミナー

           


  経営者の皆様、経営計画書は作成されていますか。
  計画は、御社のあるべき姿を映し出す鏡であり、進むべき道を導き出す、羅針盤です。
  御社に即した計画を立てることは、事業の継続、会社の成長にとって不可欠なものです。
  STEPでは、御社専属のコンサルタントを一名ずつ配置。
  マンツーマンで丸一日、徹底的なヒアリングを行い、経営者の悩みや不安、夢から
  「あるべき姿」を描きます。
  現状と未来とのギャップを探ることで、課題を明確化し、御社のための、
  「明日から使える経営計画書」を作成します。

  「中期経営計画セミナー STEP」とは・・・。

  明日から使える「経営計画書」を作成します!
 
   あらゆる可能性をシュミレーションします!

 
  当社コンサルタントがマンツーマンでサポートします!
  
 
  このような悩みを持つ経営者のご参加をお待ちしてます。

  ◎他社との差別化を図り、価格競争を回避したい。
   →自社の強み・弱みを詳細に分析し、差別化戦略を立案します。

  ◎複数の事業内容を整理し、収益事業に注力したい。
   →事業ごとの収益性と成長性を検討し、採算事業を見極めます。

  ◎新規事業の採算をみたい。
   →新規事業の収益目標を立て、実現可能性を検討します。

  ◎目標を立てて、それに向かって経営をしたい。
   →戦略をまとめ、明日からの行動計画をまとめます。

  ◎将来に漠然とした不安があるため、不安を取り除きたい。
   →将来のあるべき姿を明確にし、数値計画を作成します。


当社スタッフがマンツーマンで対応します。御社に合ったアドバイスが受けられます!
  カリキュラム 9:30 ~ 18:00

   1.講義 経営計画の必要性

   2.演習 経営理念の作成・見直し
    社長の考える会社の理想像を明文化します。

   3.演習 自社分析
    SWOT分析を実施し、外部環境の機会・脅威、内部環境の強み・弱みの分析をします。
    会社を見つめ直します。

   4.演習 事業領域(ドメイン)見直し
    事業領域見直しを行ない、ターゲット選定・新商品開発、商品絞込みの検討をします。

   5.演習 戦略作成
    SWOT分析・事業領域作成の結果を基に経営戦略の検討を行ないます。
    (クロスSWOT他)

   6.演習 数値計画作成
    戦略に基づいた経営目標の達成に向けて売上計画、経費計画、投資計画、返済計画を
    シミュレーションします。

   7.演習 行動計画作成
    数値計画を基に売上増加策、経費削減策、設備投資策などの具体的な戦術を
    作成します。

   ※上記はあくまでも一般的なカリキュラムになります。
    ニーズに合わせて深く検討する内容や、省略する内容をインストラクターと
    決める形式になります。
  下記資料をご用意ください。

   (1) 前期決算書・申告書、直近の試算表(*1)
   (2) 全社経営目標・経営環境分析シート(*2)
   (3) 売上計画表(*2)           
   (4) 借入金返済予定表(*2)        
   (5) ライフイベント表(*2)        
   (6) 電卓、筆記用具(*3)           
      (*1)・・・事前にお送りいただく書類です
      (*2)・・・お申し込み後、記入用紙をお送りいたします
      (*3)・・・当日ご用意ください  

  開催要領は次の通りです。

開催日程(いずれかの日程をお選び下さい):

2016年

□ 1月 10日(火)       □  2月14日(火)      □ 3月14日(火)

□ 4月11日(火)         □   5月 9日(火)       □  6月13日(火)     

□   7月11日(火)               □   8月 8日(火)           □  9月12日(火)

□ 10月10日(火)       □ 11月14日(火)       □ 12月12日(火)

対 象 者 :経営者、後継者様またはそれに準ずる方
定  員 :1社2名様まで参加可能
会  場 :名古屋市中村区名駅一丁目1−1 JPタワー名古屋33階
参加費用 : 108,000円(税込)
         *2人目一律2,160円(税、
テキスト、昼食代含む)

     <もっと具体的なセミナー内容を知りたい方へ>
      当セミナーで作成します経営計画書のサンプルです ⇒ こちら
      中部経済新聞で前身セミナーである「家康の日」が紹介されました ⇒ こちら

 

 
ロゴ