サービス案内
サービス案内

パッケージコンサルティング

成果を上げている経営者は、経営サイクルを習慣化しています。

経営サイクルとは、「PDCAサイクル」と呼ばれるもので、
計画(Plan)、実行(Do)、検証・評価(Check)、改善(Action)の4段階を順次進め、
改善後に次のPDCAサイクルへつなぐことで、らせん状に展開し、
継続的に変更改善していく経営管理手法です。

御社が経営サイクルを構築することにより、全社員が共通の目標をもって行動を起こし、
その結果を検証し、改善することで、計画と実績の差が軌道修正され、
理想的な経営に近づけることが可能になります。

経営サイクルの効果としては次のものが挙げられます。

1企業発展の原動力となる
目標の達成と課題を明確化し、行動を繰り返すことで、目指すべき方向へ企業が進める
2将来の見通しが把握できる
財務諸表が一体となった経営シミュレーションが可能となる
→リスクに対して早めに最適な判断、意思決定ができる
3信用が高まる
今後の方針を明確化することで、金融機関等からの信用が高まる
4事業の活性化につながる
従業員と目標の共有ができ、仕事に対する意識が向上する。

経営サイクルを構築するための起点となるものが経営計画書です。
そのため、経営計画書の作成は非常に重要なものとなります。

経営計画書は単なる数値計画ではなく、経営者の方向性を示すものでなければなりません。
また、すぐに行動が起こせるように、具体的な行動計画を盛り込む必要があります。

理想的な経営を実現するためのきっかけとなる経営計画書の作成から、
経営サイクルの構築まで、我々はサポートしていきたいと考えています。

 
 
ロゴ